9月4日

この日未明機動隊によって法学部と経済学部のバリケードが破られた。
私は其の日バリケードに泊り込んでいたが3日の深夜にその情報が入ってきた。
レポ隊の説明によれば機動隊が法学部か経済学部のバリケードに捜査のため入るという情報が入ったとの事だった。
いわいるガサ入れだが、日大の場合は右翼・体育会系と機動隊の動きが連動しており、バリケード解除と授業再開が本当の目的だった。

電気科の仲間が無線機を出して警察無線を傍聴していた。
当時はデジタル無線などというものは無く電気科の学生にすれば傍聴などはお手の物だった。
泊り込みの全員が大教室に集まりどうするかを話し合った。
書記局の仲間が法学部と一緒に経済学部やここ(理工学部)にも機動隊が入る可能性があることを述べた。
皆でどうするか話し合った。
事が事だけに真剣に話し合ったが結論はすぐ出た。
 
 法学部バリケード


バリケード死守

私たちは逃げ出さない。

バリケード死守、徹底抗戦、やるしかない。
ほとんど任侠の世界だが。
法学部も経済学部の仲間も同じ結論だった。
だだバリケードに残るか退去するかは個々の判断に任され強制はされなかった。

私は残った。
記憶が曖昧だが当日は50名位は泊り込んでいたと思う。
個人の事情でバリケードを出たのは4〜5名ほどだった。
私は、多分皆もそうだと思うが異様な緊張感で体が強張っていた。
しかしすぐさま作業に取り掛かった。

バリケードの補強をする仲間、敷石を剥ぎ屋上に担ぎ上げる仲間、皆黙々と動いた。
通常バリケードは一階入り口と2階へ上がる階段に築いているが、この時は3階に上がる階段にも急遽バリケードを築いた。
バリを張るのは日大全共斗の得意技だった。
それに私たちは理工学部だ、建築科も土木科も機械科もいる、1時間ぐらいで済んだ。
その後バリに留まった仲間全員で屋上に上(退避)がった。
法学部は水道橋の白山通りの近くにあり、駿河台の理工学部からは歩いて10分くらいのところにあった思う。
皆はそちらが気になり屋根の上に上がった。
駿河台は高台で結構周りが見渡せる。

よく憶えていないが3時か4時くらいに、西の空からドスンドスンとかすかな音が聞こえてきた。
9月だが肌寒い屋根の上、無線を聞く仲間、西の空に耳を傾ける仲間、緊張して皆の顔は引きつっていた事を鮮明に憶えている。
私は小柄だし腕力があるわけではない、シャツの下に新聞紙を何重にも折り入れた。
機動隊は顔や腕など見えるところではなく見えない腹や胸を殴ると聞いていた。
ヘルメットと軍手、シャツの下の新聞紙がささやかな防備だった。
攻めてくる事を待つ、という気持ちはどう表現したらいいのか。
多分4機(第4機動隊、機動隊でも最強の部隊といわれていた)にひどい目にあうだろうな、という思いで皆言葉少なくなっていた。
法学部の仲間はどうなっているのだろう、と案じながらも自分がパクられたらどうしよう、嘆く母の顔が浮かんできた。
これで前科が付くだろうなあな・・・などいろいろ思いめぐらした。


  遺言状 43.9.4 AM4:00
お父さん、お母さん、お許し下さい。
僕は 今日 逮捕されるでしょう。
僕はテッテイ的に戦います。死ぬ
かもしれぬ、又、おおケガをするかも
しれません生前の不幸をお許し
下さい。経3
斗争
(経済学部壁書き)

助かった

やがて、ニコライ堂が見える東の空が薄っすらと明るくなった頃、無線を聴いていた仲間が「機動隊が引き上げたぞ・・・」と言った。
運命が分かれた。
皆(私)は朝日を浴びて一時虚脱状態に陥り、申し訳ないが「助かった」と思った。
笑っているも者、ほうけている(虚脱)ている者(私)もいた。

法学部と経済のバリは破られ、仲間が全員パクられてしまった。
夜が明けると全学の闘争委員会が、両部のバリケードを奪還するという方針を決めた。
私も虚脱状態から立ち直り、「異議なし」だった。
当日泊り込んでいた仲間で連絡をとり全学部動員をかけた、根こそぎ動員だった。
ニュースを聴いた闘争委員会のメンバー、全共闘シンパのクラスの皆が続々とバリケードに集まってきた。

「封鎖解除」を報道する9月4日夕刊

 

日大の強さ

私が言うのもなんだが、日大の強さは半端じゃなかった。
別に腕力が強かったわけではない、腕力で言えば右翼や機動隊のほうが強いに決まっている。
強さの秘訣は動員力だ。
200名の私のクラスで闘争委員会に積極的に参加する者(活動家=ヘルメット部隊)が30名くらい、集会やデモに参加するシンパも同じくらいおり、50名を超えるメンバーが常時揃った。
一学科一学年でこれ位だから、この頃は理工学部だけで1000名を越す学友がすぐに集まったし、彼らはデモにも参加した。

日大闘争はヘルメットを被った「活動家」だけが戦った訳ではない。
デモの傍らには、ヘルメットは被らないが「古田会頭は許せない」という心情を抱く一般学生が数多く付いてきた。
彼らはデモの脇の「歩道」を付いてくる。
機動隊と衝突すると、彼ら一般学生が先に石を投げ出すのだ。
その数はデモ隊の数十倍いる。
日大全共闘が「一目置かれた」本当の理由は、彼ら一般学生の支えがあったからだ。
9.30の大衆団交に集まった日大生は4万人とも言われている。

ヘルメット部隊でもデモ前列で角材を持つ仲間を誰とはなしに”行動隊”と呼び、私はそれを自認していた。
高校時代までの私を知る人は信じがたいだろうが、気がついたら小柄な痩せた私が、日大全共闘理工学部闘争委員会の行動隊をやっていた。
一番驚いているのは自分だったのかもしれない。
仲間によく言われたものだ、「お前はヘルメットを被ると人が変わるからなあ!」
確かにそうだった、仮面ライダーの変身ではないが自分が変わるのだ。
目の前にある何もかにも壊してしまいたい衝動が沸いてくるのだ。

 

全学動員

仲間が続々と集まってきた。
昼から全学の抗議集会が開かれた。
法学部と経済学部の奪還が提起され、激動の数日が始まった。
理工学部で開かれた抗議集会には、法経両学部はもとより文理学部、芸術学部、商学部、農獣医学部、生産工学部、歯学部など全学の共闘会議の仲間、シンパ、一般学生が集まった。
両学部を奪還するデモ隊は駿河台から白山通りを目指した。

文理の銀へル、経済の青、法学の白、農獣医の赤、歯学の赤のラインの入った白、商学と芸術と生産工学は・・・ごめん忘れた、それに白に赤のモヒカンヘルメットの理工と、デモ隊は圧巻だった。
この日、白山通りまでの間、機動隊の規制があった記憶はない。
私は理闘委のデモ最前列で気合が入っていた。
経済学部に着くと経闘委の仲間がバリケードに突入した、中は空っぽで機動隊も右翼もいなっかた。
法学部も同じだった。
其の夜は安全のため両闘委ともバリケードには留まらず理工学部に引き上げた。
その晩また機動隊が入った。

「再占拠」を報道する新聞、9月4日付け
 
  月4日(だと思う、12日かも知れない)理工学部9号館空き地での、法経学部への機動隊導入抗議・全学集会。
集会の後、神田三崎町へデモに出発する先頭のヘルメット部隊、この後ろに万に近かいシンパ、一般学生が続く。
この後1週間機動隊との激しい攻防が続いた。
最前列に「無傷」の理闘委の、モヒカンヘルメットの行動隊が見える。
9月12日三崎町、 三崎町白山通りをゆく日大生
トップページに戻る 次のページへ