亡くなった父親が大事にとっていた。

入学時の払い込みが215500円、後期の払い込みが70000円、年間合計285500円になっている。
昭和42年大学進学率は全国平均15%であり、私の地方は多分それよりも低かったはずだ。
簡単に言えば10人に一人しか大学に行かない(行けない)時代、たとえ日大でも親の思いは大きかったはずだ。
経済的に有り余った家庭ではないが、大事に育ててもらった私には、その思いが十分に分かっていなかった。
その点については後悔がある。

使途不明金は20億以上だと言われた。
今の物価に換算すると100億円以上だ。
一億円不正に手にした者もいるとマスコミが報じていた、今のお金で5億円だ。

領収書は文理学部になっている、私は教養課程を世田谷桜上水の文理キャンパスで履修した。御茶ノ水へ移行したのは2年次より。

戻る